団体航空券は羽田発着5名様以上、その他の空港は8名様以上で適用。
羽田・大阪・名古屋・札幌・福岡発着を中心にその他の空港発着もお得な価格でご案内します。

※羽田発着で5名様以上が同じ便で行動される場合、同じ団体で規定人数に達していない同路線をご利用されるお客様へも、特別な割引をご用意しております。

 

① お見積り提出(料金以外にも取消料の発生時期や金額もご確認下さい)

② お申込み(ご参加者の名前(カタカナ)・年齢・性別のご提出) ※1

③ 申込金のお支払(3日以内) ※2

④ 残金のお支払(出発の1か月前まで) ※3

⑤ チケット発送(出発の約2週間前にメールか郵送でお送りします)

⑥ 出発(変更のできないチケットです。お早目に搭乗手続きをお願いいたします)

※1、チケットの種類によっては、お名前等の提出が不要の場合もあります。
※2、お申込み時期が既に取消料の発生する時期の場合は、お申込金の振込を確認した後、正式手配となります。お支払方法は銀行振込かコンビニ決済をお選びください。
※3、お客様のご要望によりチケットを残金お支払前にお送りする事も可能です。チケットの予約をご確認いただいてからお支払下さい。
★団体航空券は残席数によって料金が変わる場合もあります。お決まりになりましたら有効期限内にお申し込み下さい。

旅行会社によって団体航空券の定義に違いがありますが、弊社の取扱う団体航空券(格安)は羽田空港が5名様以上、札幌(新千歳)・大阪・福岡空港が8名様以上で出発または到着する場合に適用いたします。ただし、発着空港によってご利用いただける年齢制限もありますし、航空券の種別によっては宿泊付でのご案内になってしまう場合もあります。
ビックリするような価格でご提供できる時もありますので、お気軽にお問合せ下さい。

羽田・札幌(新千歳)・大阪(伊丹・関西)・福岡の4空港を出発または到着する便は格安でご案内できます。ただし、出発まで1か月を切った場合、上記以外の空港でも先得や旅割より割安でご案内できる場合もありますので、お気軽にお問合せ下さい。

10日後の航空券でも団体用の空席があれば、先得や旅割よりもはるかに安く購入できます。ただしウルトラ先得や旅割75のように数か月先の予約を団体航空券より安く購入できる路線や時期もあります。(団体航空券の方が安い場合もあります)
ただし注意していただきたいのは、キャンセル料です。
ウルトラ先得やスーパー先得は取消日に関わらず取消になった場合は50%の取消料がかかりますし、旅割でも55日前から段階的に取消料があがり27日前から50%の取消料がかかってしまいます。弊社の団体航空券であれば人数が半減しない限り1か月前迄は取消料無しです。

団体航空券(格安)の料金が決定するのが4月~10月は2月中旬、11月~3月が8月中旬頃になります。ただし前年の料金を参考におおよその料金はご案内できます。団体料金は空席状況によっても変わってきますので、お見積り提出後でも料金が値上がりしてしまう可能性があります。お見積り提出後は有効期限内にお申し込み下さい。

団体航空券(格安)は時期によって細かく料金が設定されています。団体割引の設定除外日は年末年始・お盆時期・ゴールデンウィーク・その他の小連休です。少し日程やお時間をずらすことにより割引が適用になる事もありますので、お気軽にお問合せ下さい。

ANAホールディングス株式会社の子会社で、2017年1月現在、国際線、国内線ともに乗客数は日本最大となっています。グループ企業としては株式会社エアージャパン・ANAウィングス株式会社・バニラ・エア株式会社などでピーチエアビジョン株式会社の筆頭株主でもあります。スカイマークの株式も16.5%を保有し、経営破綻したスカイマークの支援をおこなっています。国内ではエアドゥー・スターフライヤー・ソラシドエアー・アイベックスエアラインズ等と業務提携を結び共同運航便を走らせています。国際線ではスターアライアンスに加盟している日本で唯一の航空会社になります。
※飛行機をご利用になる場合はどうしても天候や機材の整備などによる遅延・欠航がつきものです。格安航空会社(LCC)やその他の航空会社で予約した便が遅延・欠航した場合、代替輸送手段として同航空会社の便が飛んでいなければ当日中に目的地に行けないというリスクが大きくなります。LCCは欠航しても返金してもらえず、次回搭乗時に利用できるチケットしかもらえない会社もございます。またいざという時に連絡できる電話番号さえホームページに記載していないLCCがあります。やはり団体で航空券をご利用される場合はいざという時のためにも、安心できる大手航空会社をおすすめします。